『脂肪注入による豊胸』でバストアップ!その効果と気をつけること

『脂肪注入による豊胸』でバストアップ!その効果と気をつけること

『脂肪注入による豊胸』とは、おなかや太ももなどの気になる脂肪を吸引し、バストに注入する方法です。バストアップと同時にシェイプアップが叶うため、多くの女性が注目しています。

かつての『脂肪注入による豊胸』は、脂肪の生着率が非常に低く、バストアップ効果がほとんど得られないことが問題でしたが、近年では、濃縮した脂肪を注入する「コンデンスリッチ法」や、濃縮した脂肪とともに“脂肪幹細胞”を注入する「セリューション法」が開発され、生着率が高くなっています。

『脂肪注入による豊胸』のメリット

自分の脂肪をバストに注入する『脂肪注入による豊胸』は、異物を入れるのに抵抗がある人におすすめの方法。さわり心地は、自分の脂肪のやわらかさそのもの。また、気になる部位の脂肪を吸引するため、部分痩せが叶うというメリットもあります。

・異物ではなく自分の脂肪なので、安心
・さわり心地が自分の脂肪のやわらかさそのままで、自然
・脂肪吸引した部位がスリムになる
・シリコンバッグなどの異物と違い、破損の心配がない

『脂肪注入による豊胸』のデメリット

メリットの一方で、『脂肪注入による豊胸』には、下記のようなデメリットもあります。

・注入した脂肪の数十パーセントは吸収されてしまうので、どれくらいサイズアップできるか見通せない
・瘦せていて、吸引する脂肪がない人には不向き
・注入した脂肪が壊死して石灰化し、しこりを形成することがある
・脂肪を吸引した部位にも負担がかかるため、ダウンタイムが長め

他の豊胸法との比較

大きく分けて、豊胸法には「脂肪を注入する方法」「シリコンバッグを挿入する方法」「ヒアルロン酸を注入する方法」の3つがあります。下記を参考に、あなたの希望やライフスタイルに合う豊胸法はどれか、比較検討してみましょう。

脂肪注入
特徴 バストアップとシェイプアップが同時に叶う
サイズアップ 1カップ程度
さわり心地 自然なやわらかさ
効果の持続 数十パーセントは吸収されてなくなるが、生着した分は半永久
傷跡 脂肪吸引した部位に数ミリ残るが、時間の経過とともに目立たなくなる。バストは注射だけなので、ほぼなし
レントゲン 壊死して石灰化した脂肪がしこりを形成し、写ることがある
シリコンバッグ
特徴 一度の手術で、半永久的にバストアップ
サイズアップ 希望通りの大きさに
さわり心地 少しかたい
効果の持続 半永久
傷跡 ワキの下や、バストラインに沿って数センチ程度
レントゲン 写ることがある
ヒアルロン酸
特徴 メスを使わず、注射だけの手軽さ
サイズアップ 1カップ程度
さわり心地 やわらかい
効果の持続 1~2年程度が目安
傷跡 注射だけなので、ほぼなし
レントゲン 写ることがある

『脂肪注入による豊胸』の手術方法

それではここから、『脂肪注入による豊胸』の手術方法を見ていきます。クリニックによって多少の違いはありますが、おおまかな流れは下記の通りです。手術時間は、2時間以上かかると考えておきましょう。

【Step1】医師によるカウンセリング

医師がバストの状態や、体の脂肪のつき具合を診察。脂肪を吸引する部位と量を決めていきます。

【Step2】麻酔

麻酔をします。

【Step3】脂肪吸引

おなかや太ももなど、脂肪が多い部位から吸引します。

【Step4】脂肪の加工

吸引した脂肪から不純物を除去し、脂肪幹細胞を添加するなどします。

【Step5】バストに脂肪を注入

加工した脂肪をバストに注入します。

【Step6】帰宅

手術後の処置が終わったら、帰宅。入院の必要はなく、日帰りで受けられます。

ダウンタイム(回復までの期間)と日常生活について

『脂肪注入による豊胸』は、脂肪吸引と豊胸を同時に行うため、他の豊胸法と比べ体への負担がやや大きく、ダウンタイムも長めです。

美しい仕上がりのためにすべきこと

1.手術後2〜3日、脂肪吸引した部位を圧迫する
脂肪吸引した部位がしっかりタイトニングされるように、手術後2〜3日間圧迫します。

2.手術後3カ月、ワイヤー入りブラをしない
注入した脂肪の血行を促し、生着率を高めるために、手術後3カ月間はバストを圧迫してはダメ。普段着けているワイヤー入りブラは避けて、キャミソールやスポーツブラ、ニップレスを着けましょう。

ダウンタイムについて

【痛み】
バストの痛みは、少ないことがほとんどです。痛みが強い場合は、処方された鎮痛剤を飲みましょう。

脂肪吸引した部位は、手術後1〜2週間程度、痛みが出ることが多く、寝返りをしにくくなったり、歩くスピードが遅くなったりするようです。処方された鎮痛剤を飲んで、コントロールしましょう。

【腫れ・むくみ・内出血】
バストには、手術後1〜2週間程度、腫れとむくみが生じます。実際のバストの大きさがわかるのは、その後です。

脂肪吸引した部位には、手術後1〜2週間程度、腫れと内出血が生じますが、徐々に引いていきます。

手術後の日常生活について

【シャワー】
患部を濡らさなければ、翌日から可能です。

【入浴】
手術を受けた約1週間後から可能です。

【仕事】
事務職など、体への負担が少ない仕事の場合は、翌日から出勤する人もいるようです。

【スポーツ】
手術を受けた約1カ月後から可能です。

【通院】
経過観察のため、数回必要です。

母乳への影響・産後のサイズ変化について

脂肪注入をはじめ、注入系豊胸法は母乳への影響はありません。安心して授乳ができます。

『脂肪注入による豊胸』に関して言えば、「せっかく脂肪注入で大きくしたバストが、授乳でしぼんでしまうのでは…」と心配する人もいるようですが、妊娠中から産後にかけてのバストのサイズの変化は、乳腺のボリュームの変化によるものなので、それによって定着している脂肪が減ることはありません。

手術費用の相場

『脂肪注入による豊胸』の費用は、29万円〜150万円前後と、クリニックによって大きな差がありました。一般的に、脂肪幹細胞を添加する方法のほうが高額です。

麻酔代や薬代が費用に含まれているかどうかは、クリニックによって異なるので、事前に確認してから手術に臨みましょう。

まとめ

『脂肪吸引による豊胸』は、自分自身の脂肪をバストに注入するので、異物を入れるのに抵抗がある人におすすめです。「自分の脂肪なのでさわり心地が自然」「脂肪吸引した部位がスリムになって一石二鳥」など、他の方法にはないメリットも。

ただし、「脂肪の数十パーセントは吸収されるので、どれだけサイズアップするか見通せない」「瘦せていて、吸引する十分な脂肪がない人には不向き」などのデメリットもあります。また、脂肪吸引と豊胸を行うため、体への負担もやや大きくなります。

手術を受けるかどうかは、自分の希望と負担を考慮し、信頼できる医師とじっくり話し合った上で決めましょう。