パッチリと輝く目になりたい!もっと知りたい!二重まぶた・眼瞼下垂

二重まぶたの人と一重まぶたの人の違いとは

一重まぶたより二重まぶたの方がパッチリとして輝く瞳で人気があります。日本人の約7割は一重まぶただと言いますが、一重まぶたと二重まぶたの人にはどのような差があるのでしょうか。

人は目を開くときに眼瞼挙筋という筋肉が収縮してまぶたを持ち上げています。この眼瞼挙筋から皮枝と言われる繊維がまぶたに多くくっついていると、まぶたを持ち上げると同時に皮膚が折りたたまれ、二重まぶたになるのです。ですから、この眼瞼挙筋からの繊維とまぶたの癒着度、眼瞼挙筋の筋力、まぶたの脂肪の量、まぶたの皮膚の厚さなど複数の目の構造の兼ね合いで一重まぶたになるか、二重まぶたになるかは決まってくるのです。

人気の目の形

ではどのような目の形が人気でしょうか。二重まぶたと言ってもその形によって人に与える印象は違います。今人気があるのは、平行型で二重の幅が広いものになります(詳しい平行型の説明は左ページを参照ください)。二重自体の幅を広くとることでアイメイクもしやすくなります。元々二重の人でもこの平行型の幅広い二重にする人は多いです。

二重まぶたの種類

二重まぶたは大きく分けて3種類。その特徴をおさえていきましょう。

平行型

平行型
●二重ラインが目頭から離れている
●華やかな印象を与えます
●日本人は少数派、欧米人では主流の形
●アイラインなどメイクがしやすい

末広型

末広型
●二重ラインが目頭から離れている
●日本人に似合うと言われている形
●日本人の二重まぶたの多くがこの形

奥二重

奥二重
●二重の幅が狭く、まぶたの皮膚にほぼ隠れている
●すっきりとした目元に
●より自然な目
●アイメイクがしづらい
●控えめな印象を与える

眼瞼下垂(がんけんかすい)ってなに?

眼瞼下垂とはまぶたが上がりにくく、目が開きにくい状態を言います。まぶたには眼瞼挙筋という筋肉があります。この眼瞼挙筋またはそこに関係する神経に異常が起こると眼瞼下垂になってしまいます。ですから、二重まぶた、一重まぶたに関わらず眼瞼下垂になってしまうことはあります。一重まぶたの場合、自覚なしにこの状態になっていることもあり、眼瞼下垂を治す手術だけで目元の印象はだいぶ変わります。眼瞼下垂は先天性と後天性があります。しっかりと診断がつけば(切開式のみ)保険治療の対象になりますので、目元の開きに異常を感じたらまずは医師に相談するといいでしょう。

Before

Before
眼瞼下垂の手術をすることで、このまぶたを上げる筋力を補います。目元をパッチリとさせ、目の輝きを取り戻します。

After

After
眼瞼下垂の手術をすることで、このまぶたを上げる筋力を補います。目元をパッチリとさせ、目の輝きを取り戻します。

Before

Before
先天的な場合も、老化などで後天的になる場合もまぶたが瞳に多く覆いかぶさってしまう状態に。

After

After
眼瞼挙筋の力を糸でサポートすることで、まぶたを瞳に覆いかぶさらない状態にすることが可能になります。

二重まぶたに関するQ&A

教えてくれたのは…

真崎医院院長の真崎信行先生

真崎医院 院長
真崎信行先生

1989年共立美容外科を設立。2007年に「真崎医院」を開設。第101回日本美容外科学会 学会長を務める。2016年12月22日 美容外科の名医が教える「切らないで治す眼瞼下垂」の本を執筆。

真崎医院
東京都渋谷
診療科目: 美容外科/美容皮膚科/内科