体質だからとあきらめないで。わきが、多汗症は治療できる

自分に合った治療法で汗とニオイをコントロール

わきがとは?

わきの下には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」というふたつの汗腺と「皮脂腺」があります。わきがには汗が影響しますが、汗そのものが悪いわけではありません。分泌された汗と脂が混じり、雑菌によって分解されることでイヤなニオイを放ちはじめます。エクリン汗腺は全身にありますが、アポクリン汗腺は体の特定の部位にあり、ニオイに特に大きく関わります。

日本人は人種的にわきがの人が少ないとされ、およそ10人にひとりくらいの割合。遺伝的な要素が強いことは事実ですが、欧米式の食生活によって体臭が強くなることがあるとも言われています。

汗をかきやすい、わきの下がにおうと感じても、客観的に見れば気にしすぎということも少なくありません。心配であれば専門医の診断を受けるのがおすすめです。

わきがの人

わきがのニオイが発生!

わきがの人

わきがでない人

わきがのニオイはしない

わきがでない人
 

わきがセルフチェック ✔が3個以上ついたら心配あり

耳アカがベタつく

人にニオイを指摘される

自分のニオイが気になる

脂肪分の多い食事を好む

喫煙・飲酒を好む

親族にわきがの人がいる

衣類のわき部分が黄ばむ

わき毛が濃い

わきの下に汗をかきやすい

わき毛に粉状のものがつく

汗がベタつく

わきがと多汗症は併発する可能性が高いので根本治療で同時に改善することも

多汗症とは?

汗は体温調整のために必要なもの。暑い時や運動時に汗をかくのは、体内の熱を放出するための自然な現象です。これに対し、温度や湿度に関係なく、普通なら特に汗が出るようなことをしていないのに大量の汗が出るのが多汗症です。

そのおもな原因は交感神経の乱れだと言われています。ストレスや強い刺激などで交感神経が正常に働かなくなると、汗の分泌コントロールもうまくいかなくなります。緊張した時など、特に暑くもないのに汗をかくことがありませんか。その度合いが高くなったものが多汗症とも言えるでしょう。

わきの下、手のひら、足の裏など、特に汗をかきやすい場所によって多汗症にも種類がありますが、精神的な要因が関わることもあり、気にすればするほど症状が悪化することも。

原因として考えられるもの

●精神的ストレス
●代謝異常や内分泌異常などが起きる疾患
●ホルモンバランスの乱れ
●生活習慣の乱れ
●食生活の乱れ
●喫煙や飲酒による中枢神経の興奮

多汗症セルフチェック ✔が3個以上ついたら心配あり

汗を意識するともっと出てくる

寝ている時はあまり汗をかかない

衣類のわきなどが黄ばむ

制汗剤、わき汗パッドは必需品

汗のニオイが気になる

ものをもつとベッタリと汗がつく

触った書類が濡れてしんなりする

作業していると汗で滑る

常に手が汗ばんでいる

冬でも衣類に汗じみがつく

はだしで歩くと床に跡がつく

ドクターに相談して正しく選びたいおもな治療方法

●手術(剪除法)

わきの下をメスで数ミリ切開し、ニオイのもととなるアポクリン汗腺を取り除きます。肉眼で見ながら除去する根本治療なので、ワキガに対する効果は最大でわき汗、わき毛も少なくなります。手術は1時間半程度、術後に多少の安静やケアが必要。
※健康保険診療によるわきが治療施術で認められている方法です。

●レーザー

直径1ミリ程度の管をわきの下の皮下に挿し入れ、レーザーを照射してアポクリン汗腺を破壊します。1時間程度の施術で傷跡もほとんど残りません。取り除くわけではないので、効果は半年程度。繰り返しの施術で効果が高く、長くなります。

●薬剤

わきがの原因となる雑菌を消毒する薬を塗ったり、気になることでますます悪化する汗を、精神的作用のある飲み薬で抑えたりと、種類もアプローチ方法も様々。市販薬もありますが、専門医の診断を受けて処方してもらうのがおすすめ。

●注射

ふたつの汗腺の働きを鈍らせるボツリヌストキシンを注射することで、汗やニオイを抑えます。注射をするだけの手軽さですが、効果は半年.1年程度で軽度の方向き。繰り返し注射することで、効果が高く、長くなるのが一般的。

●吸引

わきの下に極小の穴をあけ、アポクリン汗腺を吸引します。切らないので傷跡が目立たず、施術時間も30分程度と短く済みます。アポクリン汗腺は減少しますが、完全になくなるわけではないので軽度のわきが治療に向きます。

●その他

吸引と手術の組み合わせ、剪除法以外の手術、電気療法や精神療法など、いろいろな治療法があります。悩む人が多いだけに、民間療法も多く紹介されていますが、自分の症状を理解し、的確な治療法を選ぶためには、専門医に相談するのが一番です。

【Q&A】スッキリお悩み解消へ安心のためのアレコレ