たんご鼻、ぺちゃ鼻コンプレックスを自力で治すメイクテク&整形方法

たんご鼻、ぺちゃ鼻コンプレックスを自力で治すメイクテク&整形方法

顔のパーツの中で、目と同じくらい顔の印象を大きく左右してしまうのが鼻です。高さや幅、小鼻の大きさなどがほんの数ミリ違うだけで、顔全体のイメージを大きく変えてしまいます。

欧米人のようなスッと筋の通った鼻に憧れる人は多いでしょうが、そうした鼻は日本人の中では少数派。両目のあいだが低くくぼみ、そこからゆるやかに鼻筋が伸びて、小鼻が左右にぷっくりと広がっているという形が典型的な「日本人鼻」です。そのため、「ぺちゃ鼻がコンプレックス」「団子鼻がイヤ」「小鼻があぐらをかいている」など、鼻にまつわるコンプレックスがある人もいるでしょう。

こうした鼻のコンプレックスを解決するには、メイクでカバーする方法もありますし、手術で鼻の形を変えるという方法もあります。左右に張り出した小鼻を小さくしたい、大きく見える鼻の穴を小さくしたい、上向きの鼻をなんとかしたいといった、ピンポイントの悩みを解決することも可能です。

今回は、さまざまな鼻のコンプレックスを解消する方法をご紹介します。

メイクで理想の鼻筋に近づけよう!

低い鼻にコンプレックスがある人は、まずはメイクで理想の鼻筋に近づけましょう。鼻筋を立体的に見せるメリハリのあるメイクをするだけでも、だいぶ印象を変えることができます。まずは、以下のテクニックを試してみてください。

[鼻筋メイク1]鼻筋にシャドウを入れる

目頭から鼻筋の中ほどにかけて、肌の色よりワントーン濃いシャドウを入れ、目元と鼻筋の彫りの深さを演出します。ただし、鼻先までシャドウを入れてしまうとかえって鼻が長く大きく見え、不自然になるので注意が必要です。

[鼻筋メイク2]ハイライトで鼻筋を強調

次に、ハイライトを鼻の中央に、細く、まっすぐに入れます。このハイライトが太すぎると、鼻が大きく見えてしまうので注意しましょう。さらに、鼻先にも小さくワンポイントで入れるとすっきりとした印象の鼻になります。

[鼻筋メイク3]広がった小鼻にもハイライトを

小鼻の外側にもハイライトを入れると、ふくらんだ小鼻の影をカバーして鼻を小さく見せることができます。小鼻は毛穴の黒ずみが目立ちやすいところですから、普段から気を付けてケアしましょう。

世界的に見ればのっぺりとした平らな日本人顔でも、鼻は起伏に富んだ立体的なパーツです。光と影を上手に使ったメイクテクニックで、スッとした鼻筋を演出しましょう。

ノーズクリップで美鼻を作る方法も

メイクで顔を立体的に見せるだけではなく、鼻そのものの形を整えたい場合、鼻の軟骨を少しずつ矯正するという方法もあります。

鼻の形は気になっているけれど、まずはお金をかけず手軽にできるセルフケアから始めたいという人におすすめなのが、左右から鼻を挟んで鼻の形を整えるグッズ「ノーズクリップ」です。

鼻を挟むだけなので誰でも簡単にできますし、1日30分ほど装着するだけですから手間もかかりません。アイテムにもよりますが、おもに次のような効果が期待できるといわれています。

<ノーズクリップで期待できる効果>

・鼻筋を細く、シャープにしたい
・鼻の頭をスマートにしたい
・曲がった鼻筋をまっすぐにしたい
・広がった鼻の穴をスッキリさせたい
・上向きの鼻を目立たなくさせたい

ノーズクリップにはいくつかのタイプがあり、価格はアイテムによってまちまちですが、だいたい1,000~3,000円ほどです。

ただし、ノーズクリップによる矯正は、すぐに効果が出るというものではありません。また、鼻の軟骨は柔らかいため、時間をかけて少しずつ矯正していく必要があります。焦らず、気長にケアを続けることが大切です。

気になる悩みを確実に改善するなら、整形という手も

時間をかけたくないし、確実な結果がほしいという場合は、美容整形という選択肢もあります。どのような施術があるのか、見ていきましょう。

【鼻筋を高くしたいなら】

鼻筋を高くするにはいくつかの方法がありますが、一般的なのは「プロテーゼ挿入法」です。これは、シリコン製のプロテーゼを鼻の軟骨にかぶせるように挿入して、鼻筋を高くするという隆鼻術です。鼻筋だけを高くするものや鼻先までカバーするものがあり、鼻の状態や仕上がりの希望によって使い分けます。

【丸い鼻先を高くしたいなら】

鼻先が丸い、いわゆる「だんご鼻」を矯正するには、耳の軟骨を少しだけ切り取り、鼻先に埋め込む「耳介軟骨移植」という施術方法を採ることもあります。「鼻先だけ変えたい」「異物を使いたくない」という場合には適した方法です。

【広がった小鼻をスマートにしたいなら】

小鼻が左右に広がった「あぐら鼻」というもので、日本人に多い形です。この場合は鼻の穴の内側の皮膚に切れ目を入れ、縫い縮めることで鼻をスリムに整えます。

【曲がった鼻や鷲鼻を整えたいなら】

鼻の軟骨そのものが変形している場合には、軟骨を削ったり、部分的に切除したりして形を整えます。後述する「ヒアルロン酸注入」を併用することもあります。

鼻の整形は、基本的に鼻の穴の内側を切開しますので、目立つ傷跡が残る心配はありません。費用は手術の内容によりますが、おおよそ30~50万円ほどです。

整形するなら、メリットとデメリットを理解してから

鼻の整形にも、メリットとデメリットがあります。良い面ばかりに目を向けていると、あとで後悔することにもなりかねません。デメリットにも目を向けて、しっかり理解しましょう。

【整形のメリット】

・効果が確実で、ほぼ期待どおりの結果が得られる
・持続性が高い

【整形のデメリット】

・コストが高い
・術後はある程度のダウンタイムが必要
・手術に伴うリスクがある

鼻の整形は、基本的に鼻の穴からすべての作業を行うことになります。そのため、執刀医の技術が特に問われます。いくつかのクリニックを回ってカウンセリングを受けてみて、信頼できるクリニックで治療を受けるようにしましょう。

「ヒアルロン酸注入」で鼻を高くすることも

「いきなり手術は抵抗がある」「もっと気軽にできる治療はないの?」という方におすすめなのが「ヒアルロン酸注入」です。

ヒアルロン酸を鼻筋に注入することで皮膚の厚みが増し、鼻を高くすることができますので、最近は「プチ整形」として盛んに行われるようになりました。きれいに仕上げるためには繊細な注入技術が求められますが、注射するだけですから短時間でできますし、ダウンタイムもほとんどありません。費用は注入量によって異なりますが、だいたい50,000円ほどから受けられます。

ただし、ヒアルロン酸は数ヵ月から1年ほどで体内に吸収されてしまいます。ですから、持続的な効果を望む場合は、定期的に注射を受け続ける必要があります。

本格的な手術を受けるまえにまずはヒアルロン酸注入を受けて、理想の鼻を実感できたら改めて本格的な手術を受ける、という方法もあります。

バランスの取れたきれいな鼻でコンプレックスを解消!

「美人の忘れ鼻」という言葉をご存じですか?これは「別れたあとで、形が思い出せない存在感の薄い鼻」こそ、美人の条件だという意味です。美しい目鼻立ちは、それぞれのバランスが大切です。

鼻の形や低さ、大きさなどにコンプレックスを持っている人は意外と多いものです。そして、その悩みの内容もさまざまですが、そうした悩みには、必ず解決法があります。自分に合った方法で、コンプレックスの解消を目指しましょう。