すっきりシャープな輪郭に!エラや頬骨のコンプレックス解消方法

すっきりシャープな輪郭に!エラや頬骨のコンプレックス解消方法

「エラや頬骨が目立つ」「顎が長い」といった、顔の輪郭のコンプレックス。生まれつきだから仕方がないと、あきらめている人もいるのではないでしょうか。今回は、輪郭の悩みを解決する方法をご紹介します。

よくある輪郭のコンプレックスとは?

整った輪郭のラインは誰しも憧れるものです。輪郭のコンプレックスに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

【よくある輪郭の悩み】

・エラが張っている
・頭の鉢(頭蓋骨の横周り)が張っている
・頬骨が大きい
・顎の長さが気になる
・顔が下膨れになっている
・顔全体の形が気に入らない

例えば、頬骨が高かったりエラが張っていたりすると、それだけで顔が大きく見えてしまいます。また、ゴツゴツとしたフェイスラインになりがちですから、男っぽく見られたり、強情なイメージがつきまとったりすることも。フェイスラインひとつで、性格まで違って見られてしまうのは悲しいですよね。

こうしたコンプレックスを解消するために、まず手軽にできるのは「ヘアスタイルやメイクでカバーする」ことです。

輪郭の悩みを解決する!おすすめヘアアレンジ

輪郭のコンプレックスを髪型で隠すというのは、実はとても効果的な方法です。やり方次第で気になるポイントをカバーし、よりかわいらしく見せてくれます。顔全体の形やラインが気になる方は、まずはヘアスタイルを考え直してみましょう。ヘアスタイルを工夫することで、顔全体のラインをカバーし、目立たなくすることができます。

【お悩み1】エラが張っている人におすすめのヘアスタイル

トップにボリュームを持たせて、サイドの髪は耳の前に。全体を菱形に作ると顔の大きさをカバーしてくれます。緩めのパーマをかけてふわっと仕上げれば、ゴツゴツした輪郭を隠して女性らしい優しさを演出することができます。

【お悩み2】面長の人におすすめのヘアスタイル

トップを抑えめにして、サイドにボリュームを持たせましょう。前髪を下ろしておでこを隠せば、顔全体の長さが気にならなくなります。面長の人は大人っぽく見られやすいものです。自分自身の特徴を活かして、大人風のヘアスタイルにしましょう。

【お悩み3】丸顔の人におすすめのヘアスタイル

幼く、かわいらしいイメージがある一方で、太って見えるというマイナス点もある丸顔。このタイプはトップに十分なボリュームを持たせれば、だいたいの髪型に合わせることができます。 童顔のイメージが強いので、大人っぽくカッコ良く決めたいというときは、メイクと併せて工夫が必要です。

輪郭の悩みを解決する!おすすめメイク

ヘアスタイルだけでなく、メイクで気になる輪郭をうまく隠すこともできます。慣れるまでは少し練習が必要ですが、方法を覚えてしまえば、もう安心!小顔メイクで悩みを解消しましょう。なお、輪郭をカバーするメイクでは、マット感が重要です。ツヤのある仕上がりにすると、骨の凹凸が目立ってしまうので気を付けましょう。

【お悩み1】頬骨が出ている人におすすめのメイク

肌色より少し暗めのコンシーラーを頬骨にのせてぼかします。さらに、マットなファンデーションで仕上げたら、頬骨のラインに沿ってチークを入れましょう。ただし、色はブラウン系の落ち着いたものを選ぶこと。チークによって出っ張っている頬骨が影になり、高さが目立たなくなります。

【お悩み2】エラが張っている人におすすめのメイク

自分の肌色より2トーンほど明るい&暗いコンシーラーを用意します。まず、暗いコンシーラーを耳の前から顎にかけて、フェイスラインに沿って入れ、その外側に明るいコンシーラーをハイライトとして入れます。こうするとエラの部分が影になり、フェイスラインをほっそりと見せることができます。

美容整形で輪郭の悩みが解決することも

「毎日メイクに時間をかけるのがたいへん」「いろいろな髪型を楽しみたい」という方には、美容整形をするという選択肢もあります。こめかみのくぼみや顎の長さを整えるなど、根本的な解決を目指すことができます。

ここからは、輪郭のコンプレックスを解消する美容整形のメニューをご紹介します。

【施術1】エラの整形

エラの骨の先端部分を丁寧に削り、フェイスラインを出していく手術です。奥歯の外側から切開しますから、顔の外側に傷跡が残ることはありません。また、アゴの筋肉が発達していることが原因でエラが張って見える場合には、ボトックスを注入して筋肉を衰えさせ、フェイスラインを細く見せるという施術もあります。費用は手術の場合、100~180万円とかなり幅があります。ボトックスの場合は10~15万円程度が目安です。

【施術2】顎の整形

顎が長い場合は、エラの整形と同じように口の中を切って顎の骨の先端を削り、長さを整えます。また、顎が四角張っている場合には角を落とし、顎先をほっそりとさせます。エラの整形と同時に行うと、顔の下半分をスッキリとさせ、小顔にすることができます。

逆に、顎が短いという場合には、シリコン製のプロテーゼを入れるか、ヒアルロン酸を注入して形を整えます。費用は骨削りの手術で100~150万円、プロテーゼの挿入が30~50万円、ヒアルロン酸注入が5~15万円ほどが一般的です。

【施術3】頬骨の整形

エラや顎と同様に、出っ張った頬骨を削る手術を行います。耳の前を切開する方法と口の中からアプローチする方法があり、どちらがいいかはケースバイケースです。高い頬骨をわずかでも削ると、それだけで小顔に見えて鼻が高く見えるという効果もあります。これも費用には幅があり、120~180万円前後と考えてください。

【施術4】下膨れの整形

頬骨や下顎の骨が大きい場合は、骨削りの手術を行います。脂肪がついて太っている場合は、頬や顎の周辺の脂肪を吸引除去する手術を行います。顎の裏側に小さな穴を開け、そこから細い管を挿し込んで脂肪を吸引しますので、目立つ傷跡が残る心配はありません。費用は施術部位の広さや脂肪の吸引量などによっても異なりますが、1ヵ所で30万円前後が目安です。

美容整形を受ける場合は、事前のカウンセリングをしっかりと!

美容整形はさまざまな輪郭の悩みを解決できますが、それなりにリスクもあります。

特に「骨削り」の手術は大掛かりなもので、全身麻酔を使うために最低でも1泊以上の入院が必要ですし、術後には腫れや痛みも表れます。そうしたリスクについても医師からしっかり説明を受け、その上で受けるかどうかを決めるようにしましょう。

また、術後にどのような仕上がりになるかも事前に十分確認しておくことが大切です。そうでないと「思っていた仕上がりにならなかった」と後悔することになりますし、お金を無駄にしてしまうことにもなります。

美容整形は容姿の悩みを解決する究極的な方法ですが、あなたにとってそれが最善の選択とは限りません。ですから、整形を考えるのなら、まずは医師のカウンセリングを受け、手術の内容や仕上がりについて十分に相談するようにしてください。

自分にとって最適な方法を選ぶこと

輪郭の悩みを解決する方法は、ヘアスタイルやメイクなどのすぐにできる手軽な方法から、根本的な解決を図る美容整形まで、選択肢はいろいろとあります。どの方法が一番いいかは人によって違いますから、自分に合った方法を選びしょう。

なお、美容整形の場合は「ヒアルロン酸注入」という方法もあります。例えば、顎が四角張っているようなとき、角を落とすように骨を削る方法のほか、顎先にヒアルロン酸を注入して尖らせる、という方法もあるのです。こうした方法をまず試してみて、効果を長続きさせたいと思ったら本格的な手術を検討するというのも手かもしれません。

輪郭の悩みは人それぞれですが、どの方法がベストなのかも人によって異なります。多くの方法を比較・検討し、あなたに合った解決法を見つけてください。