一重・離れ目・黒目が小さい…。「目ブス」の特徴と目元を大きくするコツ

一重・離れ目・黒目が小さい…。「目ブス」の特徴と目元を大きくするコツ

気持ちや感情など、内面を映す鏡ともいわれている「目」。人と話すときも自然と目が行く場所で、顔の印象を決める大切なパーツです。くっきりとした二重まぶたや大きな目は、かわいさも魅力も増すことから、憧れる女性は多いでしょう。しかし、元々の目の大きさや形が原因で、顔全体の印象がパッとしない「目ブス」に悩んでいる方は少なくありません。

一般的によくいわれている目ブスの種類と、改善策をご紹介します。

ブス顔に見える目の特徴と与える印象

鼻や口など、そのほかのパーツは悪くないのに、目の印象だけでブス顔に見えてしまう目ブス。彫りが浅くのっぺりとした顔立ちの多い日本人は、目元も淡泊な人が多く、特に次のような特徴があると顔全体の印象がぼやけやすくなります。

・一重まぶた

一重まぶたは、縦の開きが悪く、黒目にまぶたがかぶさっていることから、眠たそうに見えたり、暗い印象を与えたり、睨んでいるように見られてしまうことがあります。まぶたが薄く、スッキリしていると冷たそうな印象を与え、逆にまぶたに脂肪が多いと腫れぼったく見えて、真顔ではふてぶてしいと受け取られてしまうこともあります。

・離れ目

左右の目頭のあいだが広いことで、顔全体がのっぺりとして見えてしまいます。幼くかわいらしい印象も与えますが、目の形によっては顔全体が間延びした印象になってしまうこともあります。

・横幅が狭い

目の横幅が狭いと目が小さく見え、目力も弱くなりがちです。顔の余白部分が増えるため、顔が大きく見えてしまうこともあります。

・蒙古ひだがある

目頭にかぶさっている皮膚を「蒙古ひだ」といいます。このひだが大きいと、目の開きが悪くなったり、実際よりも目が小さく見えたりしてしまいます。

・黒目が小さい

目の開きに対して黒目が小さいと、白目の比率が高くなって怖そうな印象を与えてしまいます。黒目の下にも白目が見える「三白眼」は、自然にしていても睨んでいるように見られたり、冷たい印象を持たれたりすることがあります。

ナチュラルに目ブスを改善するには?

自分が目ブスだと思っている人は、無理に目を大きく見せようとして、かえって不自然なメイクになっていることが少なくありません。元の顔になじんだ、ナチュラルな目元でかわいらしさをアップさせるには、まず自分の目のタイプを知ることが大切です。その上でマイナス要素を補う工夫をすると、自然に目を大きく見せることができます。

【改善方法1】アイメイクで目を大きく見せる

一重まぶたなら、まぶたのくぼみに濃いめのアイシャドウをのせて二重のラインのように見せたり、開きが悪いなら、黒目の上を中心にアイラインやマスカラでボリュームを持たせて丸みを出したりすると、目の縦幅を強調できます。目の横幅が小さい場合は、アイラインを長めに引いて横幅を出しましょう。

ただし、やりすぎなメイクは、かえって目ブスを強調してしまうことにもなりますので、ナチュラル感を大切に。ベージュやブラウン、ヌーディーピンクなど、肌なじみのいい色をベースに、ポイント的に差し色や濃い色を足すと、メリハリがついて印象的な目元に仕上がります。

【改善方法2】目元以外のメイクで目を強調する

まぶたの形や目の位置の問題ではなく、そもそも目が小さい場合、目元だけをメイクでコテコテにしてしまうとアンバランスになりがちです。そのため、眉や頬など、目元以外の部分もメイクを工夫して、全体的な印象で目を大きく見せることも大切です。

離れ目なら内側寄りにチークをのせる、Tゾーンにハイライトをのせて顔に凹凸を作るなど、足し引きのバランスを重視すると、ナチュラルに目を大きく見せられます。

【改善方法3】髪型で目の欠点をカバー

顔の余白が広いほど目の存在感が薄まってしまいます。目の上ギリギリの長さの前髪が、一番目元の印象を強めてくれるのでおすすめです。離れ目なら、目尻側の前髪が長くなるラウンド型にカットすると、目が真ん中に寄っている印象を与えやすくなります。

【改善方法4】アイメイクグッズを使いこなす

アイプチやアイテープなどの二重まぶたを作るコスメや、カラーコンタクト・つけまつ毛といった目を大きく見せてくれるアイメイクグッズを取り入れると、目の欠点を改善できます。ただし、やりすぎると目ブスを強調してしまう可能性もありますので、自然な目元になるようにプラスすることが上手な取り入れ方のポイントです。カラーコンタクトなら縁の太さや色味、つけまつ毛ならボリュームやつける位置で印象が大きく変わりますので、購入前によく吟味して、自分の顔に合ったデザインを選びましょう。

コンプレックスを根本から解消するなら、美容整形という選択肢も

メイクやちょっとした工夫で改善できる目ブスですが、「毎回メイクやケアに時間をかけるのはたいへん」「ノーメイクでもかわいくいたい」「憧れの目になって、もっとおしゃれやメイクを楽しみたい」など、根本的に解決したいなら、美容整形で理想の目に近づくのが近道です。目のタイプによって施術方法はさまざまですが、代表的な目元の整形には次のようなものがあります。

・二重整形

二重を作る手術には、まぶたの裏から糸でとめて二重のひだを作る「埋没法」や、まぶたを切開して脂肪を取り除き、縫い合わせて二重を作る「切開法」があります。埋没法は糸を外すことで元に戻すことができ、術後に腫れが引くまでの期間であるダウンタイムも短めです。一方、切開法は半永久的に二重が持続し、目を閉じたときも自然な印象で整形がばれにくいというメリットがあります。

また、二重の形も、二重のラインが目頭から目尻にかけて広がって、ナチュラルな印象を与える「末広型」と、目の開きと平行でぱっちりとした印象の「平行型」から、理想に近いものを選べます。

・目頭切開

目頭にかぶさった蒙古ひだを切り開いて、目の横幅を広げます。目の開きも良くなるため、黒目が強調されるようになります。目頭側に目が大きくなりますので、離れ目の方は自然な印象の目にすることができます。

・眼瞼下垂

目を開けるために必要な筋肉とまぶたの距離を縮めて、目の開きを良くします。一重の場合、同時に二重も形成できます。また、釣り目やたれ目の場合、下がっているほうのまぶただけを上げて、目の開きを均等にすることもできます。

ほかにもさまざまな施術方法があり、元の目の形状やなりたい目元に応じて組み合わせることもあります。また、大掛かりな手術を望まない場合や、一時的な効果でも満足できる場合は、「脂肪溶解注射」でまぶたの脂肪をスッキリさせたり、「ヒアルロン酸注射」で涙袋を作ったり、「ボトックス注射」で目元の筋肉を弛緩させて下まぶたのラインを下げるなど、簡単な施術で効果が得られる「プチ整形」も人気です。

目元を整形するときに気を付けたいこと

憧れの目元に近づける美容整形ですが、切開法のように半永久的な効果のある施術は簡単には元に戻せないため、先々のことも考えてデザインを検討する必要があります。例えば、流行りの目元に整形して今時のかわいい顔になれたとしても、歳を重ねて環境や顔の印象が変わったとき、後悔しないとも限りません。

また、大きく見せようとしたばかりに不自然になり、整形が一目瞭然の目になることもあります。コンプレックスを解消しながら顔全体のイメージを良くするためにも、仕上がりは自然な印象になるように、カウンセリングでドクターとしっかり相談するようにしてください。

メイクや髪型、整形など、目ブスを解消できる方法はさまざま。ただ、どの方法であってもナチュラル感を大切にすることが「脱・目ブス」の条件です。大きさにこだわりすぎず、自分の顔に合った目元で魅力をアップできる方法を取り入れてみてくださいね。