品川美容外科2015.09~

シミ治療・そばかす治療に関するQ&A


肌に残ったメラニン色素をしみと言います。種類は老人性色素斑、そばかす、肝斑(かんぱん)、色素沈着、ADM(後天性メラノサイトーシス)があり、その種類で治療方法も異なるため、ドクターの診断が必要です。通常皮膚科・美容皮膚科では、ハイドロキノン、トレチノインなどの外用薬、色素沈着の抑制作用のあるトランサミン(トラネキサム酸)やビタミンC・EなどL-システインの内服薬もあります。また有効なレーザー機器も併用して治療を効果をあげる医療機関もあるようです。
日焼けのケア不足によるシミが顔とか手にありますが、いい...
小陰唇が大きいのか、下着でこすれているようで色が黒いの...
紫外線を浴びる生活(一日中炎天下で作物の世話をしていま...
シミの治療をしたいのですが、レーザー光線って人体に影響...
PRP皮膚再生療法を受ける場合、入院の必要はありますか...
フォトRFという治療について教えて下さい。
レーザーを1回照射したら、その後はシミのできやすい肌に...
シミのレーザー治療で癌になりやすくなったりはないですか?
妊娠中に体毛が濃くなりました。これは産後薄くなっていき...