品川美容外科2015.09~

ヤケド痕・傷痕治療・ケロイドに関するQ&A


皮膚の深い部分に達する傷の場合、治ったあとに傷跡が残ってしまうことがあります。たとえば、皮膚の真皮にまで達したヤケドは、治っていく過程で傷口が赤く盛り上がり、傷跡が残ってしまうことも。このような傷跡は「肥厚性瘢痕」や「ケロイド」と呼ばれ、レーザー治療や手術、ステロイド外用薬など様々な方法で治すことができます。どの治療法が適しているかは、傷の状態や年齢、体質によって異なり、1つの治療を行うよりも、複合治療のほうが効果が高い場合もあるため、医師に十分に話し合って決めましょう。
もう3~4年前になりますが、いらいらしたり悲しくなった...
タトゥー除去を考えています。レーザーを当てるとケロイド...
事故にあい、ガラスの破片で頬を切ってしまい縫ってもらっ...
胸の横あたりにある傷痕を早く消したいです・・・。手術し...
登山をしたときに木の枝でふくらはぎに大きく裂傷を作って...
転んでできた傷が色素沈着しているようで肌が茶色くなって...
夏にキャンプに行ったときにブヨに刺されてしまいました。...
手術跡が赤くて目立つので 悩んでいます。 左手首中央に...
火傷の痕が腕にやや広範囲に残っています。どれくらいまで...